3月の誕生花!桜を大切な人に贈る時の6のポイント

日本の春の風物詩として差される桜。桜は3月の誕生花であり、精神的な花言葉が多い花です。

しっかり把握して、その人に合った花言葉になるように桜をプレゼントしましょう。今回は3月の誕生花である桜を大切な人に贈る際の、大切なポイントをご紹介いたします。

 

3月の誕生花!桜を大切な人に贈る時の6のポイント

 

3月の誕生花①桜とは

日本においては、桜は公式には国花ではないものの、国花の一つであるかのように扱われています。

それほどまでに愛されている桜は夢見草とも呼ばれ、現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・アメリカ・カナダなど、主に北半球の温帯に広範囲に分布しています。日本では染井吉野(ソメイヨシノ)等の固有種・交配種を含めなんと600種以上の品種が確認されています。

桜の語源は、「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたという説や、日本神話に登場する女神・木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)のサクヤをとったという説、など諸説あります。

日本人にとって春の風物詩としても特別な存在となっている。関東以西の平地では新年度が始まる3月~4月に開花することから、人生の転機を彩る花にもなっています。

3月の誕生花②桜の花言葉は「精神の美」

桜の代表的な花言葉は「精神の美」「優美な女性」「優秀な教育」です。

花言葉についての「精神の美」は、アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンが子供の時に誤って父が大切にしていた桜の木を切ってしまい、正直にそれを告白したというあの逸話からきています。しかし実際にはワシントンが子供のころにはアメリカに桜の木はなかったとされているようです。

またアメリカといえば、1912年に当時の東京市長、尾崎行雄がソメイヨシノ約3,000本を米国に寄贈し、そのお返しとしてアメリカから日本へハナミズキが贈られたこともよく知られています。

3月の誕生花③色や種類で違う桜の花言葉

一般的な花言葉が「精神の美」や「優美な女性」や「優秀な教育」ですが、厳密に言えば種類の違いや色の違いで花言葉が変わっていきます。

もしもしっかりと思いを伝えたいのであれば、そのポイントも抑えておきましょう。

☆染井吉野… 「高貴」「清純」「精神の美」「精神の愛」「優れた美人」
☆山桜…「純潔」 「高尚」 「淡白」「美麗」「上品」 「あなたに微笑む」
☆八重桜…「理知」 「しとやか」 「豊かな教養」 「善良な教育」「理知に富んだ教育」
☆枝垂れ桜…「優美」「純潔」「精神美」「淡泊」「ごまかし」
☆彼岸桜…「精神美」「優れた美人」「心の平安」
☆寒桜…「気まぐれ」
☆冷静…「冷静」

全体的に心等の精神的な面に対しての花言葉が多く、大和撫子を思わせる花言葉も多く見受けられます。

3月の誕生花④桜を買う時の注意点

桜の花はその美しい姿とは裏腹に、水滴が当たったり、ちょっとした振動で花弁が散りやすい難点を持っています。そのため、梱包や搬送に最善の注意を払わなければならない必要があります。

蕾が開き始めてから花弁が散ってしまうまでの期間がとても短いので、開花1週間くらい前の蕾のものを贈ると良いでしょう。

3月の誕生花⑤気になる値段は?

桜を苗木で買う場合は、安くておよそ2000円くらいを見積もると良いでしょう。高いものでは枝5本で10000円するものもあります。

茶室の花入に活けるための桜の枝ですと、お花屋さんや地域によって異なりますが、1本でだいたい200~500円、1束で2000円くらいでしょう。

注意点でも説明したように桜の花は咲いている期間がとても短いので、おそらく出回る期間も短いのではないかと思います。桜の花枝がほしい方は、早めにお花屋さんに足を運ぶことをおすすめします。

 

最後に

日本の非公式な国花であり、日本の風物詩的花とも言える桜。精神的な花言葉が多く、見た目だけでなく、その味ですらも、愛されている桜は縁起物としても贈り物としても愛され、これからも愛され続ける花といえます。

3月の誕生花!桜を大切な人に贈る時の6のポイント

①3月の誕生花桜とは
②桜の花言葉は「精神の美」
③色や種類で違う桜の花言葉
④桜を買う時の注意点
⑤気になる値段は?


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『スピリチュアルの扉』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで運命の人と出会えるのか、今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

⇒運勢が気になる人は是非お試しください⇐