勾玉

パワーストーン「勾玉」の意味・効果・浄化方法などを調べている方へ。

パワーストーンには、様々な色や模様などがあり、意味や効果、適する浄化方法もそれぞれ異なります。パワーストーンの持つ効果や特性を知り、あなた自身が気に入ったものを大切に身に着ける事で、より効果を感じやすくなるでしょう。

本記事では、勾玉の意味や効果、浄化方法などについて紹介していきたいと思います。

 

パワーストーン「勾玉」の意味・効果・浄化方法を解説

 

①勾玉の意味「魔よけ石」

勾玉とは、縄文時代から人の手により石を加工して作られた魔よけの石の事をいいます。

現在のように機械がなかったため、人々は木や砂などだけで地道に長い時間をかけて削りあげていったのです。気の遠くなる作業を根気強く続けることにより、綺麗な勾玉を完成させていきました。

勾玉は魔よけとして、また人々は月を神として信じていましたので、月に似た形にする事で神様に守られているという安心感を得たかったのかもしれません。現代でいうお守りといった感じでしょうか。

また『胎児』の形に似ている事から、いつまでも若々しくいられるようにと願って作られたのではないかともいわれています。

②勾玉の効果「邪気避け」「安産」

パワーストーンを手に入れたら、普段から大切に扱い、マメに浄化をしてあげたりすると、不思議とパワーストーンの効果が現れる事があります。パワーストーン個々で効果の内容は異なり、勾玉にも様々な効果が期待出来ます。これから勾玉の効果を幾つか紹介させていただきます。

邪気避けのお守りとして

勾玉は古くからあり、お守りとして古くから大切にされてきました。邪気避けとして身に着ける事もおすすめです。

安産のお守りとして

安産を願うお守りとして、妊娠中に身に着ける事もおすすめです。

③自分に合った勾玉の選び方

勾玉に加工された石は、沢山の種類がありますので、まずは自分が何となく気になった石で作られた勾玉を選びます。その次にその勾玉を手に取ってみて、直感でしっくりくるか、自分が凄く気に入って身に着けたいのか考えてみると良いでしょう。その時に何となく気になる石は、現在あなたにとって必要な石の場合が多いので、自分の直感を信じると良いでしょう。

他には、前もって石の意味を調べておいて自分に必要だと思った石を選んだり、自分の好きな色の石で作られた勾玉を選ぶのも良いでしょう。

手に入れた勾玉を大切にする事で、効果を得られやすくなりますので、いつも大切に身に着ける事をおすすめします。

④勾玉の取り扱いで注意すべきこと

勾玉に使われている石により、注意点が異なりますので、何の石が使われているのか理解しましょう。その石が柔らかい石であれば傷付かないようにしたり、太陽光に弱い石であれば退色しないように気を付ける事が必要です。

⑤勾玉の浄化方法

流水で浄化

流水にパワーストーンをさらし、パワーストーンに溜まったマイナスエネルギーを無くす方法となります。

山の涌き水や綺麗な川の水での浄化がおすすめとなりますが、水道水を少し流して浄化する事でも可能となります。時間としては約15分、より綺麗にしたいと感じる場合は1時間といったところでしょうか。(パワーストーンのアクセサリーで、シルバーの飾り等(ビーズやロンデル等)をお使いの場合、錆びてしまったりして痛めてしまう恐れがありますので、クラスター等での浄化をおすすめします。

浄化が済んだら、タオルなどで優しく水気を拭き取って下さい。

また、お手持ちのパワーストーンを、よりパワフルにしたいとお考えの方は流水で流した後に、クラスターに乗せてパワーをチャージする事もおすすめです。

クラスターでの浄化

アメジスト クラスター

まずクラスターとは、水晶やアメジストなどの天然石の固まりを表します。

浄化の仕方として水晶やアメジストなどのクラスターの上に、パワーストーンを乗せてパワーをチャージする方法となります。このクラスターは、パワーストーンだけではなく、その場の空間も浄化してくれるため、その場の空気も澄んだ綺麗なものへと変えてくれます。

ただ注意してほしいのは、クラスターも疲れを溜め込みやすいので、マメに浄化する事をおすすめします。やり方としては、水晶のクラスターであれば、流水で浄化する又は日光浴や月光浴をさせてあげると良いでしょう。アメジストのクラスターの場合、日光に当てると退色の恐れがあるため、流水か月光浴での浄化がおすすめです。様々な種類の天然石のクラスターがありますので、個々に合った浄化をして下さい。

日光浴での浄化

日光浴は、朝日から午前10時頃までの日光にパワーストーンを直接浴びせる方法となります。日差しが強い場合であれば、10分位、日差しが弱めであれば、1時間から3時間程光に当ててあげると良いでしょう。

月光浴での浄化

月光浴での浄化は、月の光を直接パワーストーンに浴びせるやり方となります。満月の日の月光浴が特におすすめです。反対に新月の日は、おすすめできません。

やり方としては、窓際の月の光が当たるところに、パワーストーンをおいて浄化してあげます。外にパワーストーンを置いておくと紛失の元となりますので、自宅の窓際など、部屋の中にパワーストーンを置くと良いでしょう。

セージでの浄化

乾燥させたセージ
乾燥させたセージ

セージでの浄化は、セージという乾燥させた葉に火を付け、そこから出た煙をパワーストーンに当てて浄化するやり方です。セージでの浄化は、とても浄化する力が強いので、特にパワーストーンが疲れていると感じた時に行うと良いでしょう。

また、セージでの浄化は、部屋などその空間も浄化してくれるので、パワーストーンと共に浄化を行った空間の空気も綺麗にしてくれるので、おすすめです。

火を使いますので、必ず浄化が終わったら後始末をきちんとして下さいね。

簡単な浄化方法を紹介しましたが、あなたの持っている勾玉は何の石を使われているのか理解して、その石に適した浄化方法を選んで行って下さいね。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。

勾玉には、魔よけの効果や安産のお守りとしての効果が期待出来ます。勾玉の意味や効果を理解して、信じていつも身に着ける事と、マメに浄化をして大切にしてあげる事により、より効果を期待出来るでしょう。ただ石に頼りすぎるのは良くありません。石は願い事を叶える物ではなく、なりたい自分や状況に向け努力するあなたをサポートしてくれるものとなるのです。そんな素敵な勾玉の効果を感じられると良いですね。

パワーストーン「勾玉」の意味・効果・浄化方法の要点

  • ①勾玉の歴史
  • ②勾玉についての概要
  • ③勾玉の効果
  • ④自分に合った勾玉の選び方
  • ⑤勾玉の取り扱いで注意すべきこと
  • ⑥勾玉の浄化方法

ということでした。以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『幸せのレシピ』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで運命の人と出会えるのか、今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

⇒運勢が気になる人は是非お試しください⇐