9月の誕生石サファイアを贈る時の8つのポイント

photo by Azuncha

ダイヤモンド、エメラルド、ルビーと並ぶ4大宝石の一つが9月の誕生石であるサファイア。ルビーと同じコランダムと言う鉱物で構成され、ダイヤの次に硬度が高い石でもあります。

この記事では、9月の誕生石サファイアを大切な人に贈りたいと考えているあなたに、知っておいて欲しい情報を8つ、記しておきましょう。

 

9月の誕生石サファイアを贈る時の8つのポイント

 

9月の誕生石①サファイアの語源

青い宝石の代名詞とも言えるサファイアですが、その名称も、ラテン語で青を意味する『sapphirus』、ギリシャ語の『sappheiros』が由来となっています。ですが、古い時代におけるサファイアは、現在での特定の石を示したモノではなく、青い石全般のコトを指していた様です。

旧約聖書時代には、ラピスラズリをサファイアと呼んでいたとされ、シナイ山でモーゼが神から授けられたとされる十戒は、サファイアの石版に彫られていたと言う伝説が残ってますが、ラピスラズリで出来ていたと言う説もあります。

9月の誕生石②サファイアは不吉な石?

サファイアは、東洋から古代のヨーロッパに伝わったとされています。古代ローマは、トラヤヌス帝の時代以降に、インドとの交易が盛んになり、と同時にサファイアへの信仰も中世にかけて広まりました。

インドのヒンズー教徒の間では、サファイアは不幸を呼び込む災いの石とされていました。が、興味深いコトに同じインドの仏教徒の間では、サファイアは宝石の中で特別視され、高い評価を受けていたとされています。

9月の誕生石③サファイアの石言葉

サファイアを象徴するキーワードとして、『慈愛の精神』、『誠実な気持ち』、『高潔な意思』、『心の成長』などがあります。サファイアは、精神の再生をもたらす聖者の石との異名もある様に、身に付けると頭脳の明晰化、知性と冷静な判断力を持ち主に与えてくれるでしょう。

9月の誕生石④サファイアが運んでくれる贈り物

サファイアは、持ち主の視野を広げ、物事を落ち着いて見渡せる能力を高めるとされています。また、サファイアは芸術性を高める石。身に付けていると美意識が高まり、しなやかさ気品、優雅さを開花させてくれるでしょう。

但しその反面、ナルシストの傾向も強くなる様なので、この点はご注意を。また、サファイアには浮気封じの力があるとされ、相手の心変わりをくい止めたりする効果があるとされています。その他、サファイアには、カリスマ性や勝負運や金運アップをもたらす石であり、事業者が運営を進展させる上で、様々な災難から持ち主を遠ざけると、伝えられています。

9月の誕生石⑤こんな時、サファイアを身に付けて欲しい

目標を貫き通す意思を養いたい時、惰性に流されない自分を築きたい時。集中力や直感力を高めたい時。旅の無事を祈りたい時。邪気払い。組織や経営の礎をしっかりと固め、基盤を育みたい時など。

9月の誕生石⑥サファイアも色々

①でも述べた通り、青い宝石の代名詞とも言えるサファイアですが、実は必ずしも、サファイア=青と言う訳ではありません。「7月の誕生石ルビーを大切な人に贈る時の8つのポイント」でも書きましたが、サファイアとルビーは、同じコランダムと言う鉱物のグループ。その中で、濃い赤色のコランダムがルビーと呼ばれ、それ以外のコランダムは、全てサファイアと呼ばれます。濃紺から青紫色以外のサファイアは、ファンシーカラーサファイアと、ひと括りで呼ばれるコトもありますが、その中でも、ピンクとオレンジの中間色をしたパパラチアサファイア(Padparadsha=蓮の花のつぼみの色)は、人気が高いです。

サファイアの色別の効果も、ここに記しておきましょう。
▼イエローサファイア~目標達成に強い効果を表す。
▼オレンジサファイア~夢や希望を叶える石とされ、持ち主が真に望む幸せを、引き出す効果あり。
▼ピンクサファイア~恋愛運のアップ。片想いの成就をサポートするとも言われています。
▼ブラックサファイア~社会運、芸能運の上昇。経営者、グループのリーダーにカリスマ性を高めさせる。

9月の誕生石⑦サファイアの産出国

スリランカ、タイ、ミャンマー、カシミール、マダガスカル、オーストラリア、中国、カンボジア等で、産出されています。サファイアは産地により、色の濃淡が異なる特徴があり、色の良し悪しで価値が上下するコトも。

カシミール産のブルーサファイア(別名コーンフラワーブルー)、ミャンマー産の深く濃い青色のサファイア(ロイヤルブルー)、どちらも市場の評価が高い石となっています。

9月の誕生石⑧サファイアに関するトリビア

☆キリスト教では、中世から司教の役職に就いた証として、サファイアをつけた指輪を与えられ、それを人差し指にはめる慣わしがあります。

☆天然で良質なサファイアは宝飾品として、天然でも質が劣るモノや人工のサファイアは、工業用で使われるコトが多い。

☆青色のサファイアは、かつて油絵に使う青の顔料として用いられていました。☆光を当てて眺めた時、六条の光が生じるモノは、スターサファイアと呼ばれています。スリランカに住むシンハラ族の人々は、スターサファイアの動く星が、あらゆる災いから持ち主を守ると、信じられていました。

☆最近では、スリランカ産のギウダ(白く濁って不透明な、サファイアの結晶)が加熱処理を施すコトにより、色鮮やかなサファイアへと変わり、販売されています。

 

最後に

いかがでしたか?
9月は、激しい太陽の輝きも薄れだし、夜が長くなる時期に入ります。それだけ感性が敏感になり、サファイアの効力の如く、頭脳の明敏さや、美的感覚がより活きてくる時期となるでしょう。あなたも大切な人に、サファイアを贈ってみませんか?

9月の誕生石サファイアを贈る時の8つのポイント

①サファイアの語源
②サファイアは不吉な石?
③サファイアの石言葉
④サファイアが運んでくれる贈り物
⑤こんな時、サファイアを身に付けて欲しい
⑥サファイアも色々
⑦サファイアの産出国
⑧サファイアに関するトリビア


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『幸せのレシピ』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで運命の人と出会えるのか、今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

⇒運勢が気になる人は是非お試しください⇐