厄年に結婚しても問題がないのか解説致します

人生において誰もが迎えるのが厄年です。厄年になると、何か悪いことがおきるのではないかと不安を感じる人も多いのではないでしょうか。さらに、厄年を迎える年齢は、結婚や転職・引っ越し・出産など、人生の節目を迎えていると考えられています。ここでは、人生最大の節目の一つ「結婚」に関して、厄年に結婚しても問題がないのか解説していきたいと思います。

 

厄年に結婚しても問題がないのか解説致します

 


厄年の年齢は?

まず、厄年の年齢からみていきたいと思います。厄年は男女で異なり、また1年で終わるわけではなく、前厄・本厄・後厄と、3年間続きます。世の中的には、一番気を付けなければいけないのが本厄と考えられています。

本厄は

■男性(※数え年)・・・25歳、42歳、61歳
■女性(※数え年)・・・19歳、33歳、37歳
この前後に「前厄」と「後厄」があります。

※数え年とは、生まれた瞬間が1歳と考えるので、年齢+1歳で考えると分かりやすいと思います。

厄年は、多くの人が結婚を考える年齢ではないでしょうか。男性の場合、早い人であれば20代後半に結婚を考える人が多いと思います。42歳、61歳ともなれば再婚を考える人も出てくると思います。また、女性に関しては、昨今晩婚化が進む中で、33歳、37歳で結婚を考える人も多いでしょう。

多くの人が結婚を考えるであろう厄年、そんな厄年に結婚したからといって、みんなが不幸になるとは一概には言えないのではないでしょうか。

厄年に化学的な根拠はない

厄年とは平安時代からある日本の風習のひとつです。人生の節目を迎える年齢に、肉体的・精神的な変わり目を迎えるので、体調の変化などが起こりやすく病気になったりするといわれています。厄年は環境が変化する年です。そのため、厄年は、科学的根拠はないものの、この年齢の時には注意をした方がよいと、先人たちの知恵からくる教えであるとも考えられます。

厄年は、注意した方が良いという年であって、結婚したからと言って、必ずしも不幸になる、離婚することになるということはありません。結婚も環境の変化だと考えれば、厄年に結婚することも問題ないのではないでしょうか。

結婚はタイミング

結婚はよくタイミングが大事だと言われています。結婚は出会うべき人と出会ったタイミングでするものです。厄年にこだわり過ぎてしまうと結婚のタイミングを逃してしまいます。女性の場合は、前厄と後厄を含めれば30代ほとんど厄年となってしまいます。貴重なタイミングを、厄年だからといって逃してしまうのは、あまりにももったいないです。

良縁を断ち切らない

厄年だからといって良縁を自ら断ち切るのは、あまりにも残念な行動ではないでしょうか。人生において、人との縁はとても重要です。一度断ち切ってしまえば、もう二度と結べない縁もあります。幸せを掴むチャンスを、厄年を理由に逃さないで下さい。

お互いの気持ちが大事

良縁に恵まれ出会った2人、結ばれるべき運命の2人であれば厄年なんて関係ないです。厄年だから結婚できない、一緒にいられないなどと離れる相手であれば、そもそも結婚したとしても上手くいかないのではないでしょうか。どんな状況においても、一緒にいたいと想える相手であれば幸せな結婚ができるはずです。一番大事なのは、お互いの気持ちです。

人生がリセットされる

人生の節目を迎える厄年に結婚することによって、人生を良い意味でリセットすることができるのではないでしょうか。体調の変化などが起こりやすい年齢、結婚を決断することによって、「このままで良いのか?」と今までの良くない習慣を改めることができるかもしれないです。厄年をきっかけに、生活習慣などを改めることによって、これからの人生がさらに良い方向へと変わっていくかもしれません。

良い相手と巡り会える

厄年を気にし過ぎるのも良くないですが、厄年だからこそ普段より慎重に恋愛や結婚に向き合えるようになるのではないでしょうか。だからこそ、自分自身の気持ちとしっかり向き合え、相手の事もしっかりみることができ、良い相手と巡りやすくなります。

どうしても気になる場合は厄払いをする

厄年に結婚することが、どうしても気がかりな場合は厄払いをしてもらうと、気持ちがスッキリするかもしれません。厄年において一番良くないことが、厄年を気にし過ぎてしまうことです。実際に結婚して、良くないことが起きた場合に、厄年のせいだと後悔するぐらいなら、厄払いをしておいた方が良いと思います。


 

最後に

いかがだったでしょう。一般的に、厄年の結婚は良くないというイメージがありますが、実際にはそんなことはありません。厄年に結婚しても幸せになることができます。厄年において一番良くないことは、厄年を気に過ぎてしまうことです。不安な気持ちが、不幸を招いてしまう場合もあります。せっかく掴むはずだった結婚という幸せを、厄年を理由に逃さないでください。自分の幸せを信じましょう。

厄年に結婚しても問題がないのか解説致します

・厄年の年齢は?
・厄年に化学的な根拠はない
・結婚はタイミング
・良縁を断ち切らない
・お互いの気持ちが大事
・人生がリセットされる
・良い相手と巡り会える
・どうしても気になる場合は厄払いをする


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『ご先祖占い』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで運命の人と出会えるのか、今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐