銀色の意味とは?心理効果・銀色が好きな人の性格恋愛仕事を解説

銀色銀色が好きな人へ。

銀色と言えば、何を思い浮かべますか?銀のアクセサリーのようなシャープさ、シンプル、クール、上品、おしゃれなイメージですね。また、2等賞、銀メダル、など、1等賞を輝かせる色でもあります。どんな色と合わせても無理のない調和の色でもあり、時にはクールで、光沢によっては物静かにも見える不思議な色です。そのようなイメージの銀色ですが、実際の所どのような意味や効果があるのでしょうか?

本記事では銀色が好きな人の性格、恋愛、仕事などを解説していきます。

①銀色はおしゃれな色

銀色と言えばシルバーアクセサリーに象徴されるように、とても洗練されて都会的でおしゃれなイメージを持つ方が多いです。銀色は他の色との協調性が高く、どの色とも馴染める色です。金属の色であり、質感や光沢も含めた色彩ですので、単色で表現するのはとても難しい色です。その為、特別感を感じるおしゃれな色と言われます。

洗練されたシャープな印象

銀色には洗練されたシャープな印象があります。金属の色ですので高級感があり、クールなイメージもあります。また、金色よりは控えめで上品さを感じる色でもあります。

②銀色は真実を映し出す「鏡」のような色

鏡のように映し出す力が強いのも銀色の特徴で、周囲の人に真実を映し出します。鏡は問題を浮かび上がらせ、見透かし、これからたどる道を明るく照らしてくれます。直面しなければならない物事を見抜き、解明する色です。

ナチュラルな精神安定剤

また、銀色はナチュラルな精神安定剤であり、感情を鎮め、心の平静を取り戻させてくれる力があります。銀色を好きな人はいつも精神の調和を望んでいます。判断が早く、洞察力があり、偏見を持たず、他人の独自の考え方や個性を認める色です。

③銀色は静かな色

銀色は雪原を連想させるような静かな色です。静かな環境を求めている時、人は銀色に惹かれます。静かな環境に身を置き、じっくり考え、精神的な充実感を得られる色と言われますので、デスクワークの時は銀色の文具などを使ってみるのも良いですね。

④銀色は高級感を象徴する色

銀色は高級感を表す言葉としても使われます。銀シャリ、銀幕、銀板、銀世界など、白色に近い色で光沢があるものに銀を付けて呼ぶことで、それらは上質なイメージ、高級感があるイメージになります。

⑤銀色は他の色を引き立てる色

銀色は鮮やかな色と合わせて使うことにより、一層雅やかな印象になります。無彩色や寒色と合わせるとよりクールな印象になります。灰色と同じように、どんな色とも調和し、より洗練された感じが加わります。

⑥銀色を好む人の恋愛は精神的安定を求める

銀色を好きな人は男女共にとてもロマンチストです。結婚したとしても永遠にロマンチックな関係でいたいというタイプです。共に共感し合えるパートナーを求め、信頼し合い、人生を共にできるパートナーを求めます。パートナーをとても大切にし、外ではどんなに活躍していても家庭では家族を守ろうという意思が強く、常に精神的に安定した関係を築こうと努力します

⑦銀色を好む人の適職は人をサポートする仕事

銀色を好きな人はとても落ち着いた雰囲気を持ち、スマートで気の利いた人です。知性的で洞察力も高い人です。他人からの信頼感も厚く、他人から頼られることにも好意的でどんな職場でも重宝されます。

特に人をサポートする能力に長けています。クールで知的、的確なアドバイスもできる為、

  • 相談役
  • 監査役
  • プランナー

などはとても向いています。

・銀色を好きな人は美意識が高い人

美的感覚が鋭く、美意識がとても高い為、

  • モデル
  • 俳優や女優

としても活躍できるタイプです。

・銀色が好きな人は高い能力がある人

頭が良く学習能力にも優れた人が多いので、研究開発など、プロフェッショナルな分野でも力を発揮できます。対応能力も高く、マネジメント業務においても高い能力を発揮します。

⑧銀色は守りの色

銀色には金色までの華やかさはないかもしれません。ネガティブなイメージだと常に二番手であり、影であると言われますが、実は、わびさびや粋と言った表には出さない自信やプライドが伝わる印象があります。名誉を好む守りの色といわれます。

・銀色は適応力がある色

守りのポジションにいても、どこか輝いたように魅力を発揮することができる人です。地味という評価をされることはありませんが、必要以上に目立っていけない所ではきちんと立場をわきまえ、本来の仕事に徹する適応力の高さがあります。

⑨銀色は大人の渋さを象徴する色

いぶし銀という言葉があります。燻して表面の光沢を消した銀、という意味です。見た目の華やかさはないけれど、渋くて味わいのある人や物事、という意味です。ベテランの俳優の渋くて味わいのある演技をいぶし銀の演技、、ベテラン選手の渋くて味わいのあるプレーをいぶし銀のプレーなどと表現します。このように銀色は大人の渋さを象徴する色でもあります。

⑩銀色は器用な人の色

銀色を好きな方は、全体的に器用な人です。様々な立場を与えられても、うまくこなしていく技量があります。世の中には陰と陽あります。金は陽、銀は陰になります。銀色を好きな人は、常に光り輝いている金色をサポートします。いつも器用に自分がどのような立場にいるのかを即座に理解し、その場の空気を読み、周囲をまとめることができる器用な人です。

学習が早く、何事にも即戦力となる

また、銀粒子は他の色素とは異なり光の吸収が効率的な金属です。そのことから銀色を好きな人は何をやらせても吸収力が高く、飲み込みも早く、インプットとアウトプットがうまくこなせると言われ、学習が早く、何事にも即戦力となって動くことができる人です。

⑪銀色は不思議な魅力のある色

銀色を好きな人には不思議な魅力があります。どこか儚く、物憂げなイメージを抱かれます。少しクールすぎて近寄りがたいと感じられている部分もあり、繊細に見られます。

銀色が好きな人はつかみどころがない

磨かれた銀製品は不思議な光沢を放ちます。古代から光は神と崇められてきました。満月の表面のような光沢を持つ銀は、自然で規則正しいサイクルを促してくれると言われます。心身のバランスを取る為に銀のアクセサリーをお守りのように身に着ける方も多いです。銀が好きな人は月の満ち欠けのように常に変化し、とても流動的であり、つかみどころがない部分があります。

このように、銀色を好きな人にはどこか不思議な魅力があります。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
一位である金メダルを目立たせ、他の色を引き立てるような銀色には、一見目立たない地味な印象があるかもしれません。でもどんな色とも調和し、常に自分のポジションを確立している色とも言えます。常に二番手ではありますが、二番になることができたのはその努力があるからです。銀色を好きな人は努力の人です。そしてまだまだこれから伸びる人でもあります。

銀色の意味と効果は…

  • ①銀色はおしゃれな色
  • ②銀色は真実を映し出す「鏡」のような色
  • ③銀色は静かな色
  • ④銀色は高級感を象徴する色
  • ⑤銀色は他の色を引き立てる色
  • ⑥銀色を好む人の恋愛は精神的安定を求める
  • ⑦銀色を好む人の適職は人をサポートする仕事
  • ⑧銀色は守りの色
  • ⑨銀色は大人の渋さを象徴する色
  • ⑩銀色は器用な人の色
  • ⑪銀色は不思議な魅力がある色

以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたに訪れる運命の日を知りたくないですか?★

『月と星の占星術』では、あなたに訪れる運命の日を実力派の鑑定師が診断してくれます!しかも、今ならご登録頂いた方全員に1,500円相当のポイントを【無料】でプレゼント!

あなたが予期せぬ衝撃の未来とは?

⇒運命が知りたい方は、是非お試し下さい!⇐


カラーセラピー
この記事のライター
百合香

カラーセラピスト。フラワーアクアリウムセラピー開発者。アロマテラピーやメディカルハーブの講師としても活動しております。タロットや占星術での占いも行いながら、カラーセラピーや占い、スピリチュアル関連のライターとしてもお仕事をさせて頂いております。1人でも多くの皆様が前進できるように、日々お手伝いさせて頂いております。

百合香をフォローする
Fortune Media