くるぶしのほくろを徹底解説★位置・左右差・大きさ濃さ・男女別の意味とは?

左足のくるぶしにあるほくろくるぶしのほくろの人相学的な意味を知りたい人へ。

一般的に、くるぶしにほくろがある人は妙に色っぽい、転倒しやすい、不動産に恵まれると言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。くるぶしのほくろが右足側や左足側など、どこの位置に有るのか?または男女差で違いが有るのか?そして、性格や恋愛・健康運・仕事運・金運などの運勢にも違いが有るのか?

占い師 桂けい
占い師 桂けい

この記事では、占い師の桂けいが、くるぶしのほくろの意味を人相占いで詳しくご説明致します。

くるぶしのほくろの人相学的な意味とは?

くるぶしにあるほくろからは、結婚や職業に関することが分かります。夫婦喧嘩が起こりやすかったり、仕事にまつわるトラブルなども、暗示しています。

生きぼくろの場合

くるぶしのほくろが、黒々として盛り上がりのある、ツヤもあるほくろ(生きぼくろ)ならば、災い転じて福と成す証に。

死にぼくろの場合

色が茶色やグレーに近くて、盛り上がりもなく、形がいびつなほくろ(死にぼくろ)であれば、トラブルが長引く暗示を秘めています。

くるぶしにほくろがある人の性格

風に吹かれる女性 性格くるぶしにほくろがあると、少々落着きがなく、早合点しやすい一面があるでしょう。

思いつきでモノを言いやすい傾向があり、その発言が誤解を招く怖れもあるので、発言には慎重さが大切です。 

くるぶしにほくろがある人の恋愛運

カップル 女性が後ろからハグ 恋愛テクニックくるぶしにほくろがあると、不思議な色気を醸し出すので、恋愛運自体はかなり高め。

が、性格の項でも触れた早合点しやすい面が仇となり、結婚を焦って、トラブルや離婚を招きやすい暗示が。 恋愛には急いでも、結婚は慎重に進めていきましょう。

くるぶしにほくろがある人の健康運

ランニングする女性 健康 運動 ダイエット 夕日くるぶしにほくろがあると、何故か足腰に負担が掛かりやすく、特に腰痛を起こしやすい証。デスクワークに従事している場合、定期的に椅子から離れ、柔軟体操を行うとよいでしょう。 

くるぶしにほくろがある人の仕事運・適職

働く女性 仕事 ビジネス健康運の項で、デスクワークは腰痛を起こしやすいと記しました。が、デスクワーク自体が悪い訳ではなく、定期的に立って歩く時間を設ければ、さほど問題ではありません。 

くるぶしにほくろがある人の問題となるのは、仕事に慣れてくると軽口、へらず口を叩いてしまい、それがミスに繋がる怖れがあります。 その為、営業業よりは技術職に向いている所があります。 

くるぶしにほくろがある人の金運

お金 金運くるぶしにほくろがあっても、所謂浪費家という訳ではありません。むしろ、結婚後や仕事でのゴタゴタが、想定外の出費を招く怖れがあります。

例えば、浮気や離婚にまつわる慰謝料、軽はずみな発言に伴う収入減といったことが、考えられます。

くるぶしのほくろは色の濃さ、位置や男女で意味が変わるのか?

男女 記号

くるぶしのほくろは色の濃さによって意味が変わります

ここまで、あれこれと記して来ましたが、くるぶしのほくろは色の濃さによって意味が変わります。 

運勢の項でも説明しましたが、人相学では色の濃いほくろは生きぼくろ、薄いものは死にぼくろと解釈されます。

例えば、くるぶしのほくろが生きぼくろならば、結婚や仕事に関するトラブルが起きても、最悪の事態は免れる証。ですが、死にぼくろであれば、起きたトラブルが中々解決には至らないでしょう。

くるぶしのほくろは男女によって意味が変わります

くるぶしのほくろは、男女によって意味が変わります。

女性にとってのくるぶしのほくろは、結婚や家庭運にまつまるサインを現し、男性にとっては仕事や対人関係を、現しています。

くるぶしのほくろは位置によって意味が変わります

くるぶしのほくろは位置によって意味が変わります。

例えば、男性の場合なら、右のくるぶしにほくろがあるのは、プライベートな交流でトラブルが起こりやすい証。左のくるぶしであれば、仕事上での失敗が、こじれやすいでしょう。

占い師 桂けい
占い師 桂けい

ですので、次のページでは、色の濃さ別、位置別、男女別にくるぶしのほくろの意味を解説していきます。

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてきます。

どうしても解決しない悩みは、占い師の方に直接相談しましょう。「電話占いヴェルニ」では、わざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすことでしょう!

➡電話占いヴェルニで悩みを解決する方はこちら⬅

ほくろ占い
この記事のライター
桂けい(カツラケイ)

以前は、某病院施設にて心の病を抱えた人や、お年寄り相手の相談員を10年務める。2009年から愛知県を中心に、桂けいの名前で占い師としても活躍中。手を読み(西洋手相術)、顔を読み(東洋式観相法)、数秘を読む(カバラ数秘術)の3読法を得意としていますが、姓名判断、タロット、夢診断にも精通。

記事を書く際は、暗い内容にはならない様、心掛けています。マイナスの中にも希望や、明日生きる上で活用出来る情報を入れ込む様にしています。占いは、依存するものでは無く、光を探す上でのツールですから。

桂けい(カツラケイ)をフォローする
Fortune Media