インナーチャイルドとは?その6の特徴を分かりやすく解説

インナーチャイルドは「内なる子ども」とも言われ、誰の心の中にも存在します。幼いころに満たされなかった欲求やトラウマのことを指します。私たちの心に多かれ少なかれ存在するものですが、大人になってもその欲求やトラウマが残ってしまった状態を言います。インナーチャイルドが癒されていなければ、大人になった私たちに様々な影響を及ぼします。

そんなインナーチャイルドとはどのようなものなのでしょうか。今回はインナーチャイルドが影響を与える6つの特徴について分かりやすく解説していきたいと思います。

 

インナーチャイルドとは?その6の特徴を分かりやすく解説

 

インナーチャイルドの影響の特徴①肌が荒れている

自分の外見や学歴などに自信があり、他人からも過剰にその評価を欲しがる人がいます。しかしどれだけ褒められても、その心が満たされることはありません。

これは幼いころに、親から叱られてばかりで褒めてもらえなかったと傷ついているインナーチャイルドによるものです。外見だけでなく、仕事などにおいても実際の実力以上の評価を求めてしまいます。

満たされることのない欲求が、肌のトラブルを引き起こしてしまいます。肌荒れに悩まされ続けているのなら、自分の中にいるインナーチャイルドに目を向けてみましょう。欲しがる人ではなく、与える人になろうと心がけることにより、インナーチャイルドは癒されていくはずです。

インナーチャイルドの影響の特徴②家電が壊れる

長い期間癒されずにいるインナーチャイルドを抱え続けることにより、磁石のようにマイナス感情の因子を引き寄せる体質になってしまうことがあります。

特に三十代後半の年齢から、その体質に変化しやすくなってしまいます。年を重ねるごとに人の意見を素直に受け入れられなくなり、自分の世界に固持し続けるようになってしまうためです。

マイナス感情の因子がデリケートな電化製品に影響を与え、家の電化製品が一気に壊れるという現象を度々引き起こしてしまいます。このような現象に遭遇した場合、早急に自身の体質を変える対策が必要となります。

物事を前向きに考えるように努力をしたり、ポジティブな友人と一緒に過ごす時間を増やしたりしてみましょう。常夏の国への旅行もおススメです。プラスの因子を引き寄せることによって、自身のマイナス要因を中和させるのです。

インナーチャイルドの影響の特徴③遅刻が多い

子供のころにきちんと謝ることを教わってこなかった場合、謝ることができないインナーチャイルドが存在してしまいます。その影響の特徴としては、遅刻を繰り返してしまうというものがあります。

人との待ち合わせや会社への出勤などで遅刻を繰り返し、何度怒られても改善されません。本人も反省し、なんとか遅刻しないように努力はするのですが、どうしても遅刻してしまうのです。

基本的に謝ることができないため、自分の欠点を客観的に見直すことができません。同じ失敗をしないように対策を立てるのではなく、常に自分は悪くないと言い訳を考えてしまうため、失敗を繰り返す傾向にあるのです。

インナーチャイルドの影響の特徴④不眠症に悩まされる

インナーチャイルドを抱えていることにより、様々なマイナスの影響を受けてしまいます。それはその人自身の奇行につながることもあり、他人から距離を置かれてしまうことも多々あります。

人懐っこい一面もあるため、初対面の人と仲良くなるのは得意なのですが、独占欲も強く、気に入った相手を束縛しようとしてしまいます。

周囲とも人間関係の摩擦が多くなるため、周囲の人間に対し常に臨戦態勢をとっているため、精神が安らぐことがなく、不眠につながります。

昼夜が完全に逆転してしまうこともあります。お昼など仕事に支障をきたすほど朦朧としてしまうのに、夜中には興奮状態になってしまいます。相手の都合も考えず、夜中にメールを送り続けてしまったり、電話をかけまくる傾向があります。

インナーチャイルドの影響の特徴⑤アルコールで人格が変わる

インナーチャイルドが癒されないまま長い時間を経ると、インナーチャイルド自体に人格が帯びてきます。普段は大人しく身を潜めているのですが、アルコールが入ったときにその姿を現す傾向が多いです。

酔ったときに記憶が飛んでいて、なおかつ大きく人格が変わったり、英語や方言など、普段と違う口調で話し始めたりする場合などは、インナーチャイルドの出現とみて間違いないでしょう。

本人は自分の中のインナーチャイルドに気がつけず、そんな自分を認めようとはしません。それがますますインナーチャイルドの暴走につながるため、人格が変わった姿を録画して見せてあげると良いでしょう。

インナーチャイルドの影響の特徴⑥部屋が片付けられない

幼いころ、母親や祖母などの身近な女性がしっかりと家事をしてくれる環境で育った場合、部屋を片付けられない大人になってしまうことが多いようです。子供のころ散らかしたものは周りの大人によって片付けられてきたため、椅子に座ったまま何もしない子供のイメージが強いインナーチャイルドが出来上がっています。

見分ける特徴としては、出したものを元の場所に戻せない傾向が強いです。使ったら使ったまま、出したら出したまま放置してしまうのです。

椅子に座ってしまうと動けなくなるという特徴もあります。もし自分が思い当たり、インナーチャイルドの影響を改善したいと思うのであれば、片付けなければならないときには「絶対に椅子に座らない」という方法が一番有効となります。

 

最後に

インナーチャイルドを抱えている人は意外と多く、人間関係でトラブルを引き起こすことが多々あります。大人としての常識的判断が通用しないため、インナーチャイルドを抱えた人とトラブルになったときに受ける衝撃は相当なものがあります。

相手のことが理解できないと思ったときには、相手の中のインナーチャイルドを探ってみましょう。相手が大人ではなく子供なのだと理解できれば、対処方法も分かってくるでしょう。また、自身の中に潜んでいるインナーチャイルドがいるかどうかを把握しておくのも人間関係のトラブルを避けるためには重要となります。

インナーチャイルドとは?その6の特徴を分かりやすく解説

・肌が荒れている
・家電が壊れる
・遅刻が多い
・不眠症に悩まされる
・アルコールで人格が変わる
・部屋が片付けられない


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『スピリチュアルの扉』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで運命の人と出会えるのか、今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

⇒運勢が気になる人は是非お試しください⇐