デジャブとは?その意味と起こった時のメッセージを解説

今までにふと「あれ、この光景、以前どこかで見た光景かも・・」とか、「あれ、このシチュエーション、はっきりは覚えていないけど以前同じようなシチュエーションがあった気が・・」など頭に浮かんだりしたことはありませんか?

『デジャブかも・・』そんな一言で終わらせますが、それはなんとも不思議な感覚ですし、違和感を覚える感覚です。

今回はデジャブとは?デジャブにはどんな意味があるのか?そして、デジャブがもし起こったら、その時にどのようなメッセージがあるのか?についてお伝えしていきたいと思います。

 

デジャブとは?その意味と起こった時のメッセージを解説

 

デジャブとは一体なんでしょう?

『デジャブ』とはいったいどのようなことを言うのでしょうか?もともとは、フランス語で「既に見た」という意味があります。今までに「あれ?これ、前にも見たような光景だな」という場面に遭遇したことはありませんか?

遠い昔に本当に体験したことが記憶に蘇ってきたものなのか、夢で見たものなのかわからないくらい不思議な感じになりますよね。これを「既視感」とも言います。

このデジャブとは過去の断片的記憶を『見たことがある』と思ってしまったりする現象の事を言います。デジャブは自分が今までに見た景色、経験したこと、人の動き、感情など様々なことが引き金になって起こります。

デジャブ(既視感)の研究者がいた

今までにデジャブ(既視感)を研究してきた研究者がいます。実は20世紀末から研究されてきました。しかしながら、この研究は、既視感自体を実験中に再現するのが非常に難しいため、研究方法が確立されていないようです。いつか、研究方法が確立され、なぜ人の脳はデジャブを起こすのかなど論文が世の中に出てくると良いですね。

基本的に世間に出ている研究結果は「にかよったものに出会った時に、脳が起こす極端な反応」とか、「脳内の海馬の歯状回の部分今までのエピソードを作り上げる部分にかかわっているため、その歯状回の部分がデジャブの現象と関連を持っている」とか言われています。

ちなみに歯状回という部分は、「時間・におい・音・視覚」など将来参考にするために記憶をする場所といわれている部分です。ここの部分が混乱を起こしたときデジャブの現象が起こりやすいといわれています。

デジャブが起こりやすい人の特徴

デジャブは、いつ起こるかわからない予測できないものですよね。実はデジャブが起こりやすいという人の特徴があります。

まずは年齢的なことですが、15歳から25歳くらいまでの人がデジャブの現象が起こりやすいといわれています。そして、精神的なことでは、日常的に不安感やストレスを感じる傾向のある人はデジャブを経験することが多いという事が言われています。

次に、色々な所へ行く人にもデジャブの現象が起こりやすいといわれています。良く旅行に行く人やお仕事で色々な街に行く人、そのような人は、自分の脳にいろんなシチュエーションがあるので、それが脳に経験としてためられるのでデジャブが起こりやすくなるといわれているのです。

デジャブは前世の記憶・魂の記憶

実はデジャブの現象は自分の前世からの記憶が、あることをきっかけに蘇ったものだといわれています。前世で様々なことを経験してきた魂が、現世でのある経験をきっかけに、反応をしてしまい、「デジャブ」という現象を起こしているのかもしれないのです。

深く魂に刻まれている前世で経験した過ち、間違いをこの「現世でも繰り返してはいけないよ」という事でデジャブの現象を起こし、魂が私たちに警告しているのかもしれません。

デジャブは見えない存在からのメッセージ

デジャブの現象は、研究で明らかにするのは難しい分野だと先ほど説明いたしました。そうなのです、デジャブは、もしかしたら目に見えない存在、例えば高次元からのメッセージだともいわれています。

自分の身にこれから起ころうとしていることをあらかじめデジャブという現象で知らせ、その事態に自分でしっかりと対応できるように、メッセージを送ってくれているのです。高次元の存在が精神的にサポートしてくれるということなのです。

でも、このメッセージを受け取るには、人それぞれ、波動の高さが違ってきます。ですから波動が高い人ほど多くの情報を得ることができるようになりますし、そうでない人は断片的な部分しか情報を得られないので、デジャブの様に断片的にしか情報を得ることができないといわれています。

予知夢とデジャブとの関係

私たちは眠っている時に色々と夢を見ますね。精神世界の中では、私たちは寝ている時、肉体を休め、魂は、解放されて様々な世界を行き来しているといわれています。

時間は過去から未来に流れているので、魂も未来時間の方へ行く場合も時にはあります。

そこで魂が見てきたことを、朝起きた時に『夢』として認識し、あることがきっかけで起こったこと、つまり、魂は先に未来で見てきたことが現実に起こり『あれは予知夢だった』『あれ?以前にも見たような光景だ、これはデジャブなのかな?と思うことがあるのです。

 

最後に

今回は、私たちが時々体験するデジャブについてお伝えしましたがいかがだったでしょうか?デジャブには本当に様々な見解があります。いまだに解明することができないことも多く、高次元からの精神世界的なメッセージもあるといわれています。

もし、デジャブの現象を目の当りにしたとき、それを、魂の記憶の一部なのかも?とか、なにか見えない存在からの警告なのかも?と理解することも、あなたの人生をより安全に歩める手助けになると思います。ぜひこの記事が今後の貴方様のお役に立てれば幸いです。

デジャブとは?その意味と起こった時のメッセージを解説

デジャブとは一体なんでしょう
デジャブ(既視感)を研究?
デジャブが起こりやすい人の特徴があります
前世の記憶・魂の記憶?
見えない存在からのメッセージなのかもしれない
予知夢?デジャブとの関係


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『幸せのレシピ』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで運命の人と出会えるのか、今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

⇒運勢が気になる人は是非お試しください⇐