神社の境内にあるものをご紹介致します

神社にあるもの④狛犬みなさんは神社に参拝に行って、「これは何だろう?」「何のためにあるのだろう?」と思ったものはありませんか?今回は神社の境内にあるものをご紹介していきたいと思います。

 

神社の境内にあるものをご紹介致します

 

神社にあるもの①鳥居

神社の鳥居の意味・由来・種類などを分かりやすく解説まず神社に行って、1番に目に入るのが鳥居ではないでしょうか。赤や白、木材や石など色も素材、形も様々です。そして、1基のみ場合もあれば、外側にある鳥居から順に「一の鳥居」「二の鳥居」「三の鳥居」と本殿まで何本も建っている鳥居もあります。この鳥居は、「ここからは神様の領域です。」と、神域を示しています。そのため、鳥居をくぐる時には神域に入るので「お邪魔します。」という気持ちでお辞儀をしたりすると良いと言われています。また、神聖な言い方をすると、悪いものが入ってこないように鳥居で「結界」をはっているようなものです。

手水舎は神社の入り口脇にある場合が多いです。神域に入るので、水で手や口をすすぎ身を清める必要があります。古くは、神社に参拝するときには禊のため、海や川に入ったり、水をかぶったりして、身についている罪・穢れを祓ってきました。それが簡略化されたのが手水です。

神社にあるもの③参道

神社にあるもの③参道参道は神社を参拝する人のために作られた道で、神様が鎮座する本殿まで私たちを導いてくれる大切な道です。しかし、参道の真ん中は神様がお通りするので、参道を歩く際は、真ん中を避けて左端を歩くことが礼儀とされています。

神社にあるもの④狛犬

神社にあるもの④狛犬神社の入り口の両脇に狛犬を目にすることもあります。狛犬は、犬や獅子のような獣の姿をしていて、神様にお仕えする空想上の生物と言われています。左右一対で置かれ、一方は口を開けて、もう一方は口を閉じています。これは「阿吽」を示していて、魔除けのために置かれているといわれています。社殿に向かって右が口を開けた雄で、左が口を閉じた雌です。

神社にあるもの⑤白狐像

神社にあるもの⑤白狐像稲荷神をお祀りする稲荷神社では、狛犬ではなく狐の形をした白狐像が置かれています。白狐像も、左右一対で置かれ「阿吽」を示していますが、その役割は狛犬とは違っていて神様の遣いです。また、白狐は玉と巻物をくわえていることが多いです。玉は稲荷大神の霊徳の象徴、巻物は知恵の象徴といわれています。

神社にあるもの⑥ご神木

神社の有名な御神木①蒲生八幡神社参照:社務所とは、神主さんや巫女さんなど神社職員が事務を行ったり待機する場所です。また、祈祷の受付や、お札などを授与していただける場所でもあります。神様と私たちをつなげてくれます。

今回ご紹介させていただいたものは、一度は神社の境内で見たことがあるものではないでしょうか?それぞれに意味があり大切なものですね。この他にも、たくさんのものが神社にはあります。神社に参りに行った際に、境内をよく見てみてはいかがでしょうか。また新しい発見があるかもしれません。

神社の境内にあるものをご紹介致します

①鳥居
②手水舎
③参道
④狛犬
⑤白狐像
⑥ご神木
⑦本殿と拝殿
⑧社務所
⑨お賽銭箱
⑩鈴

★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたが選んだカードや誕生日などの情報をもとに導き出される『神秘のタロットカード』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら≪初回無料≫で診断してもらえます。

⇒恋愛運が気になる人は是非やってみてください⇐