rws_tarot_pents01

コインはトランプでいうダイヤに相当し、土の属性を帯びています。土は固形物や物質の象徴です。硬い固形物は簡単に壊れないことから、安定性、堅実性を意味する場合もあります。

タロットでは、それらを金貨として描いています。そのため、財運にも直結します。金貨は英語でコインですが、円盤状のためディスク、また五芒星(ペンタグラム)の柄が刻まれていることからペンタクルスと呼ぶ場合もあります。

今回はタロットカードの小アルカナのCOINSコイン金貨の意味を全て解説したいと思います。

 

タロットカード小アルカナの意味を解説②COINSコイン金貨

 


タロットカード小アルカナ「コインのエース」

rws_tarot_pents01

コインが1枚、明るく輝いています。

正位置の場合、このカードは幸先の良い始まりを暗示しています。さらに、その良いというのも、何となく気分が良いという感覚的なものというより、資金的なあるいは物資的な余裕など、地に足の着いた現実的な感覚や根拠がそこにあります。この安定感から長期的展望を持って始めることに良い運気です。また恋愛運において、財布に余裕のある状態であれば、恋人探しにも向いており、いい出会いは期待できるでしょう。

逆位置の場合、出だしの蓄えに不安要素があります。それでも、何か新しいことを始めることはできるのですが、先々の未来までうまくいくという保証はしてくれません。どちらかと言えば、途中で息切れを起こして、撤退することが多いでしょう。とはいえ、撤退によるダメージはあまり大きくはありません。人間関係もこれと同様で、このカードが出たタイミングで出会う人とは長続きしないでしょう。

タロットカード小アルカナ「コインの2」

rws_tarot_pents02

2枚のコインを持っている人が描かれています。コインはまるで、∞(無限大)の形を描いているかのようです。この形はエネルギーの循環ともいえる、ある種調和されている状態なのです。

正位置の場合、状況によって吉凶の判断が変わってきます。というのも、正位置でのこのカードの意味は良くも悪くも変化しないということを表しています。良い状況であれば、それが続きますし、悪い状況であれば、依然として八方塞がりの状況が続くことを意味します。とはいえ、悪い意味で捉えたとしても、絶妙なバランスの上に成り立っているため、それ以上に悪くなるということは無いでしょう。

逆位置でも、無限ループからの脱出ということで、これが幸せなのかどうかは状況次第です。行き詰っているのであれば、活路を見いだせるでしょう。元々良い状況であった場合、歯車が狂い始め、大事な人と会話が噛み合わなくなったり、その場しのぎの問題に直面したりしやすいでしょう。

タロットカード小アルカナ「コインの3」

rws_tarot_pents03

中世の建物の中で、僧侶、職人、商人が集まっています。ギルド(組合)の集まりなのかもしれません。このような集まりに呼ばれる人というのは、それまでの努力が認められて、社会的な信用がある人です。集まることで、その地位をより安定させます。信用は、精一杯努力をし、誠実な態度で物事に向かい続けることで初めて得られるものです。

正位置の場合、社会的信用が高まることを暗示しています。仕事で成功しやすいですし、人間関係も上々でしょう。何かを成し遂げようとしたとき、様々な人から助けを得られるはずです。また、もし一度失敗しても頭を下げてリトライすれば、状況は良くなっていきます。

逆位置の場合、社会的信用が低くなりやすいです。何かしらの計画や仕事は失敗しやすいでしょう。また、信用がなくなるということで、お金や物の貸し借りもスムーズにはいかなくなるかもしれません。

タロットカード小アルカナ「コインの4」

rws_tarot_pents04

4という数字は、数字の中でも安定を意味します。また四元素の中でも土属性は安定しています。コインの4というカードは、そういった非常に手堅いものの象徴です。描かれている絵も、どこかの国の王がコインをがっちりと抱え込んでいます。自分の財産を守ろうとする意志や堅実性が伝わってくることでしょう。

正位置の場合、安定性を意味しています。何事も手堅い選択が幸運のカギとなるのです。例えば、金運は総じて良いですが、出費するか貯蓄するか迷った場合、貯蓄の方が良い結果となります。人間関係においては、不安定な関係から一段階、結束を深めるには向いている時期です。

逆位置の場合、総じて不安定な時期ですが、だからといって無理に何とかしようとすると、かえって墓穴を掘ることもあります。節約を心がけるのは結構ですが、ケチに思われてしまい、人間関係に亀裂が入るということもあり得るでしょう。大事なのはバランスです。

タロットカード小アルカナ「コインの5」

rws_tarot_pents05

雪が降りしきる中、貧困に喘いでいる人たちが、屋外を歩いています。教会のステンドグラスすらも、お金の輝きに見えてしまう程の困窮です。

正位置の場合、その絵の通り、金銭面での苦難を暗示しています。投資、起業、知人からの怪しげな儲け話などは、避けるべきです。お金を稼ごうと動いた結果、裏目に出て、大損する可能性があります。恋愛においては、愛情を失うだけならばまだしも、裏切りが露呈することもあります。こういう時期は、不安になって行動したくなるかもしれませんが、ぐっと抑えて、動かないことを徹底してください。

逆位置の場合、失ったものを少しずつ取り戻すというのが根本的な意味で、状況は良いかと言えば微妙なところではあります。それでも正位置に比べれば良い方です。また、必要に応じて助けを求めると、それなりの助力を集められることでしょう。

タロットカード小アルカナ「コインの6」

rws_tarot_pents06

天秤で多量を測り、穀物を公平に貧民に与えている男の様子が描かれています。

正位置の場合、そういった公平さや正当性を意味しています。えこひいき無しに人と接するようにという戒めであるのと同時に、自分も他人から公平に評価されることをも暗示しています。言い方を変えれば、努力と結果が結びつきやすいということです。また、食べ物を分け与えている様子から飲食店という意味もあります。飲食店での出会いという意味の場合もあれば、飲食店でアルバイトを指すこともあります。

逆位置の場合、不公平に苦しめられることを意味しています。自分が不公平を感じていなくとも、仲間やパートナーが密かに苦しんでいることを暗示しているのかもしれません。また、飲食店という意味を逆位置的発想で解釈すると、アルバイト故の低収入や水商売そのものを示していることがあります。

タロットカード小アルカナ「コインの7」

rws_tarot_pents07

畑で作物の成長を待っている青年が中心に描かれています。作物は大きく育っているようですが、青年はどことなく浮かない顔をしています。

正位置の場合、ある程度までの成果を暗示しています。及第点かもしれませんが、本来掲げた目標には及ばず、不満は残るでしょう。また、待ちの姿勢が強く、受け身の態度が色濃く出ていることを暗示しています。短期的な視野に立つと成果が見えづらいというのもありますので、待ちの姿勢だから悪いとはならないです。いずれにせよ、良いのか悪いのかはっきりしない、もやもやした状況でしょう。

逆位置の場合、青年が待つのを放棄したような状況です。見切りをつけて次に行く、結局成果が出ずに諦めた、ある程度満足したのでこれで良しとするなど、状況によって解釈が分かれます。いずれにしても、物事が動き出すことを暗示しています。

タロットカード小アルカナ「コインの8」

rws_tarot_pents08

コインを鋳造している職人と、その成果物であるコインが壁に掛けられている様子が描かれています。服がボロボロになっても気づかないぐらい作業に集中しており、その域に達するまでにかなりの修練を積んだことを思わせます。

正位置の意味を一言で表すと「大器晩成」です。長く地道に物事を積み重ねてきた人が、最後に笑うような運気となります。また、営業・販売活動をしている人なら、口八丁でごまかすよりも、本質的な商品の良さや技術力の高さを売り出していくと、うまくいきやすいでしょう。総じて良い意味のカードですが、せっかちな人にとっては、相性が良くないカードだと言えます。

逆位置の場合、長い間の努力を放棄する可能性を示唆しています。中々実らない恋やすぐに成果が出ない仕事を放棄したくなることでしょう。本質を追究するよりも、表面的なものに目が捕らわれやすくなります。

タロットカード小アルカナ「コインの9」

rws_tarot_pents09

葡萄が生える庭園で、ゆったりとした服装をしている女性が、優雅に散歩しています。手には小鳥を乗せて、上機嫌といったところでしょうか。

正位置の場合、社会的成功を意味しています。支援者に恵まれ、その支援をうまく使うことで、成功へと向かうことでしょう。これはビジネスに限った話ではなく、パトロンが付きやすいということでは、学者や芸術家にとって追い風ですし、結婚においても、良い家柄の人との縁が期待できます。全般的に余裕ができる時期であり、だからこそ人の輪を広げていくことが総じて吉です。

逆位置の場合、人とお金の関係に軋みが生じやすくなるでしょう。周囲の人から助けを得難い状況になりやすいでしょうし、仮に何とか助力を貰えても心からの交流は期待できません。仕事に限らず全般的に孤立しやすいです。恋愛においても、お互いの愛を感じづらい時期となります。

タロットカード小アルカナ「コインの10」

rws_tarot_pents10

大きな建物、夫婦、子供、老人、ペット、そして家紋と沢山の金貨。繁栄している幸せな一族が描かれています。

正位置の場合、金運がかなり高まっていることを意味します。通常であれば働いて稼いだ収入が良いという意味になりますが、家庭の状況次第では、相続や贈与などといった形での収入もありうるでしょうし、投資活動でも成果が得られやすいです。人間関係では、一族の繁栄ということで、家庭内の関係が良くなりそうです。また、異性との関係についても、楽しい恋愛というよりは結婚の意味合いが濃くなります。

逆位置の場合、これも金運は強い方ですし、ある程度の収入はあります。しかし、見栄や上辺だけの関係を重視しやすくなり、出費はとても多くなることでしょう。家庭内においても、いざこざが増えやすくなり、特に遺産相続の問題があった場合はこじれる可能性が高いでしょう。

タロットカード小アルカナ「コインのペイジ」

rws_tarot_pents11

お金を大事に持つ若者が描かれているカードです。地味な服を着ており、日々質素倹約を心がけながら小銭を貯めて生活しています。泥臭い努力を厭わない勤勉な人物です。

正位置の場合、一攫千金を狙うような仕事やギャンブル以外、総じて良いことを意味しています。強いて言えば、何事もコツコツということで、早めに成果がほしいという方には、じれったく感じる時期になるでしょう。恋愛や人間関係においても、少しずつ関係を築いていくことが重要です。

逆位置の場合、勤勉な美徳が失われます。いつも通りの自分のペースで物事を進めていくと、いつの間にか周囲から取り残されていることが多くなります。逆に目先の利益に目がくらみ、短期間での成果を求めても、失敗しやすくなるでしょう。周囲とのスピード感を調整しながら、着実に行動していく他はないのです。

タロットカード小アルカナ「コインのナイト」

rws_tarot_pents12

剣の代わりにコインを盾のように扱う騎士が描かれているカードです。他を攻めることはせず、自分の領地を守るために見回りをしています。いざというときに備える責任感のある青年です。

正位置の場合、柔軟性には欠けるものの、その堅実性が活かされるときです。手堅い行動で、着実に成果を上げ、人望を得るでしょう。また管理能力が高いため、責任のある立場を任されることもあります。恋愛では、やや受け身なところがありますが、結婚を前提に距離が縮まっていくことでしょう。

逆位置の場合、その堅実さにむらが出てきます。仕事では些細なミスに注意しましょう。また、頭の固さが悪いように現れて、保守的な印象を周囲に与えることがあります。対人関係で躓いたら、少しニュートラルな姿勢をとった方が良いでしょう。なお、実利的な付き合いは増えることはありますが、怪しい商売には加担しないのが賢明です。

タロットカード小アルカナ「コインのクイーン」

rws_tarot_pents13

コインを携えた女王が椅子に腰かけている様子が描かれています。周りの環境は、豊かな自然です。これは大地の恵みを意味しており、この女王は作物に対する愛情だけなく、成長管理の合理的な考えも持ち合わせています。大アルカナの女帝に比べると華やかさは劣りますが、基本的に地に足の着いた考えを持つ素晴らしい女王です。

正位置の場合、管理能力の高さ、育成などの母性愛を暗示しています。物事をしっかりと成功に導くだけでなく、長期を見越した上で、その過程においても正しい行いができるでしょう。対人関係においては、愛情と実利のバランスがとれており、総合的に見て良好です。

逆位置の場合、愛情と実利のバランスが崩れ、後者に偏るでしょう。自分を守りたいという想いからの行動が、人間関係を壊し、かえって自分を窮地へ立たせることになります。また、秘密を握る、握られると、何かと秘密に縁がありそうです。

タロットカード小アルカナ「コインのキング」

rws_tarot_pents14

金と黒の組み合わせが目立つ王が描かれています。高級、あるいは富の象徴として葡萄も沢山描かれています。経済的に余裕のある王です。

正位置の場合、とにかく金運が強いことを意味しています。収入が単純に良いだけではなく、大きな仕事をするためであれば、大きな出費するのにも良い時期です。ビジネスマインドでもって、そのあたりの取捨選択はセンスが光ります。また、開運には高級感や上品さがカギとなるでしょう。

逆位置の場合、お金、もしくは何かしらの権力やプライドによって大事なものを見失っていることを意味します。人間関係がうまくいかないようでしたら、まずは目下の人への接し方に気を付けてみましょう。もし、自分の態度に心当たりがなければ、自分にお金をくれる人が高圧的で、それに悩まされるということがあり得ます。

目的別タロット占いのやり方

タロット占いのやり方の基本はこちらをご確認下さい。
タロット占いのやり方を超分かりやすく徹底解説

タロット占いで占いたい目的が有る方はこちらをご確認下さい。
タロット占いで相手の気持ちを確かめる6のポイント
タロット占いで相性を確かめる時に大切な6の事
片思いの未来をタロット占いで確かめる時に大切な6の事
タロット占いで復縁の可能性をみる時の6のポイント
仕事が上手くいくかタロット占いで確かめる6のポイント

★他にどんなカードがあるか知りたい方はこちらからご確認下さい。
タロットカードの意味一覧★タロット占いを徹底解説


 

まとめ

タロットカード小アルカナの意味を解説②COINSコイン金貨

・コインのエース
・コインの2
・コインの3
・コインの4
・コインの5
・コインの6
・コインの7
・コインの8
・コインの9
・コインの10
・コインのペイジ
・コインのナイト
・コインのクイーン
・コインのキング


★あなたに訪れる運命の日を知りたくないですか?

『フューチャーオラクルカード』では、あなたが選んだカードをもとに、訪れる運命の日をズバリお教えします!実力派と呼ばれるオラクル鑑定師が初回無料で細かな鑑定をしてくれます。しかも、鑑定結果からあなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来だけを掴めるように導いてくれます!

⇒運命が知りたい方は、気になるカードを選んでみて下さい!