業とはカルマとは何か?その意味を分かりやすく解説

よく、スピリチュアルの世界では『カルマ』という言葉や『業(ごう)』という言葉が出てきます。

「カルマとは一体何だろう?」「業とはいったいどのような意味があるのだろう?」ということで、今回は業(ごう)やカルマとは一体何なのか、その意味を分かりやすく解説したいと思います。

 

業とはカルマとは何か?その意味を分かりやすく解説

 


本来の「業(ごう)・カルマ」という意味

よくスピリチュアル用語で、カルマだとか業(ごう)などという言葉が出てきますが実際のところどういう意味なのでしょうか?

仏教聖典(お経)ではカルマ(karma)を業(ごう)と訳します。
ですから「業(ごう)」と「カルマ」は同じ意味です。

これらには、『結果を伴う行い・行為』という意味があり、現世だけではなく、未来へもどんどん引き継がれていきます。また仏教においてカルマは縁起という言葉を表すとも言われています。

業は、自分がしたことは自分へ戻ってくる【因果応報】【自業自得】等という言葉があるように、原因が必ずあって結果がそれに伴うという意味・思想があります。なので、自分のやった行為や思ったことが形となって結果として出てくるという考えです。

例えば、良い行いをしたら良い結果が出るでしょうし、悪いことをしたら悪い結果をもたらすでしょう。このように原因と結果が過去からずっと繋がりながら現在の自分の姿を作っているという考え方が本来の『業』『カルマ』の意味となります。

業・カルマの考えは、インドの古い時代から

業・カルマの考え方は実はインドの古い時代から重要視されていました。考え方としては輪廻転生的な考え方ですが、良いことをしたら次に生まれ変わった時は良い人生になるし、悪いことをしたら次の生まれ変わりは罰が下るという考え方でした。正のカルマと負のカルマの考え方です。

このようにずっとずっと昔から業・カルマという考え方はあったのです。その考えが、今現在まで続いているという事は、すごい事だと思いませんか?

悪いイメージになりつつある業・カルマの意味

本来の『業(ごう)・カルマ』の意味はお分かりいただけたと思いますが、今日、スピリチュアルの世界でよく使われている『カルマ』に関しての意味が、実は少しずつ変化してきております。

今日、スピリチュアルの世界では、「カルマ(本来は結果という意味)=過去から現在まで行ってきたことに対するあなたの宿命」という考えが一般的になりつつあります。

カルマとはもともと、『結果を伴う行い』という意味であったと先にお話しいたしましたが、一部の霊感商法などの世界で、『現在の苦しみは、過去の行いが悪かったから・・』などと宿命的表現で脅しをかけたり、オカルト的な怪しげなイメージを持つような使われ方をしてしまっているので、『カルマ』とか『業』などという言葉を聞くだけで「こわい」「あやしい」と思う方が増えてしまっています。

業・カルマの正しい考え方とは

業・カルマは、行為・結果という意味があると先に書きました。結果とは、もうやってしまった過去のことですよね。過去にやってしまったことをすでに悩んでも仕方がありません。悩むというより、そこから学ばなければなりません。

大切なのは、「結果が出ました、では次にどうして行ったらよいか?」という行為の部分を考えること
です。

今までやってきたこと、そこから導かれた結果をありのまま受け入れ、自分の中に住む悪の部分を認識した時に人は自分のカルマ(過去にやってきた行い)を解消できるといいます。

カルマを正しく理解することで、カルマは、宿命ではなく、怖いものでもなく、学びによって、自らの力で解消できるものだとわかるでしょう。 

カルマを解消したらどうなるのか

ここまで、カルマの意味についてお話させてきましたが、では自分のカルマを解消したら、いったいどのような未来が待っているのかというところをお話ししましょう。

過去のカルマが1つ解消されたとしましょう。すると、自分自身に大きな変化が現れてきます。まずは人との付き合い方が劇的に変化してきます。

今まで、全くと言っていいほど良好な人間関係を築くことができなかったのにもかかわらず、カルマの解消とともに人間関係が急速に良くなり、自分が次に進むべき道が見えてくるといわれています。

また、人を許す気持ち、愛する気持ち、受け入れる気持ち、感謝する気持ちに満ち溢れ、前向きに人生を歩むことができるようになってきます。

カルマ解消法

では、カルマはどうやって解消すれば良いのでしょうか?「カルマは自分の力で解消できるものである」とご紹介しました。カルマは確かに自分の力で解消できます。カルマは来世に持ち越されてしまうので、なるべく早く解消していった方がよいと考える人もいます。

基本的にはカルマを解消するには自らが苦しみを受けることで解消されるといわれています。

自分の人生に訪れる困難に対して逃げることなくしっかり受け止め、苦しみを受けることでカルマを1つ解消することができるのです。苦しいことを受け入れるのは、とてもつらいことです。しかしながら、それを乗り越えた時は、心も強くなりますし、人間的にも魂的にも成長が見られます。ですから、無理にとは言いませんが、つらいことが来ても逃げずに受け入れてみるという事をやってみてください。

また、徳を積むのもカルマを解消する方法の1つです。徳を積むというと堅苦しいですが、自分以外の人に貢献したり、社会に貢献したりすることで徳を積めます。カルマを解消することで、ぜひ良い人間関係作りをし、前向きな人生を歩んでください。


 

最後に

今回は、業とは、カルマとは何なのか?という事を書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?

スピリチュアルの世界では、よく「カルマ」という言葉を使います。イメージ的には怪しい、怖いなどのイメージがあったかと思います。

業・カルマについて、どんな意味合いがあるのかという事を理解し、正しい考えを持つことで、怪しいなとか怖いなというようなイメージは払しょくされたかと思います。

きっとあなたの中の『何か』が変わるかもしれませんから、ぜひ自分としっかり向き合い、自分の悪い部分も認識し、受け入れ、過去にやってきた行い(カルマ)を解消するために、今までやってきてしまったこと、そこから導かれた結果をしっかりと受け入れることをしてみてください。

業とはカルマとは何か?その意味を分かりやすく解説

本来の「業(ごう)・カルマ」という意味
業・カルマの考えは、インドの古い時代から
悪いイメージになりつつある業・カルマの意味
業・カルマの正しい考え方
カルマを解消したらどうなるのか
カルマ解消法


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『マナ・タロット』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで運命の人と出会えるのか、今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

⇒運勢が気になる方は、是非お試しを!⇐