四白眼は凶相?人相学的に性格や特徴を解析

四白眼は凶相?人相学的に性格や特徴を解析あなたは、四白眼をご存知でしょうか?四白眼(しはくがん)とは、黒目が小さく、常に驚いている様な印象を与える目。上下左右の4箇所に白い部分が見えるので、『四白』眼と呼ばれています。

マンガやアニメ等で、驚いたり怒ったりする描写の際には、黒目が極端に小さく描かれることが多いので、この四白眼になることも。只、現実ではこの四白眼の持ち主は、文字通り少な目な相です。

そしてこの四白眼、人相学では知る人ぞ知る凶相。ですが、その実情に関しては余り触れられてないのも、また事実です。

果たして四白眼は、本当に悪い相なのか? この記事では、四白眼について書き記していきましょう!

 

四白眼は凶相?人相学的に性格や特徴を解析

 

四白眼の特徴①四白眼は先天的な相!? 

四白眼は非常に珍しい相の為、持って生まれた素質と、見なされがちな所があります。が、そうとばかりは言い切れません。

例えば、美容整形等で目頭の切開や、二重まぶたの幅を広げる施術を行うと、本来持っている虹彩(瞳の周りにある薄い膜。縮小して瞳の大きさを変え、目に入る光の量を調整する) 以上に目の開きが大きくなることがあります。その結果、四白眼になるケースも。

美容整形を行うと、性格も変わると言う説もありますが、結果的に四白眼になってしまった場合も、この例に当てはまると言えます。

次は、四白眼の性格についてスポットライトを当ててみましょう。

四白眼の特徴②四白眼は鬼の目!?

人相学において、四白眼の特徴として取り上げられるのは、目的の為には手段を選ばない、冷酷な相であること。これを評して、鬼の目と呼んでいます。

四白眼が、鬼の目として挙げられる理由は、黒目が小さいことにあります。 人相学において、黒目の小ささは情が薄い証であり、ドライでクールな面の現れ。

四白眼によく似た相として、白目が左右と上下どちらかに現れる

珍しい相である為、何かと悪いイメージがつきまとう四白眼。もしあなたが四白眼の持ち主だとしたら、普通とは異なる目だと悩まず、むしろ個性として受け入れて下さい。幸福に生きる為に大切なのは、四白眼そのものではなく、目の輝き、心の余裕、落ち着きなのですから。

四白眼は凶相?人相学的に性格や特徴を解析

①先天的な相!?
②鬼の目!?
③災難に遭いやすい!?
④一匹狼タイプ!?
⑤モテる相!?


★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。

⇒新しい自分になりたい方は電話占いヴェルニをお試しください⇐


人相学
この記事のライター
桂けい(カツラケイ)

以前は、某病院施設にて心の病を抱えた人や、お年寄り相手の相談員を10年務める。2009年から愛知県を中心に、桂けいの名前で占い師としても活躍中。手を読み(西洋手相術)、顔を読み(東洋式観相法)、数秘を読む(カバラ数秘術)の3読法を得意としていますが、姓名判断、タロット、夢診断にも精通。

記事を書く際は、暗い内容にはならない様、心掛けています。マイナスの中にも希望や、明日生きる上で活用出来る情報を入れ込む様にしています。占いは、依存するものでは無く、光を探す上でのツールですから。

桂けい(カツラケイ)をフォローする
Fortune Media