四白眼は凶相?人相学的に性格や特徴を解析

四白眼は凶相?人相学的に性格や特徴を解析四白眼について詳しく知りたい方へ。

四白眼(しはくがん)とは、黒目が小さく、常に驚いている様な印象を与える目。上下左右の4箇所に白い部分が見えるので、『四白』眼と呼ばれています。

マンガやアニメ等で、驚いたり怒ったりする描写の際には、黒目が極端に小さく描かれることが多いので、この四白眼になることも。只、現実ではこの四白眼の持ち主は、文字通り少な目な相です。

そしてこの四白眼、人相学では知る人ぞ知る凶相。ですが、その実情に関しては余り触れられてないのも、また事実です。

占い師 桂けい
占い師 桂けい

果たして四白眼は、本当に悪い相なのか?この記事では、占い師の桂けいが、四白眼とは何か、その性格や特徴を解説致します。

四白眼は先天的な相!? 

四白眼は非常に珍しい相の為、持って生まれた素質と、見なされがちな所があります。が、そうとばかりは言い切れません。

例えば、美容整形等で目頭の切開や、二重まぶたの幅を広げる施術を行うと、本来持っている虹彩(瞳の周りにある薄い膜。縮小して瞳の大きさを変え、目に入る光の量を調整する) 以上に目の開きが大きくなることがあります。その結果、四白眼になるケースも。

美容整形を行うと、性格も変わると言う説もありますが、結果的に四白眼になってしまった場合も、この例に当てはまると言えます。

次は、四白眼の性格についてスポットライトを当ててみましょう。

②四白眼は鬼の目!?

人相学において、四白眼の特徴として取り上げられるのは、目的の為には手段を選ばない、冷酷な相であること。これを評して、鬼の目と呼んでいます。

四白眼が、鬼の目として挙げられる理由は、黒目が小さいことにあります。 人相学において、黒目の小ささは情が薄い証であり、ドライでクールな面の現れ。

四白眼によく似た相として、白目が左右と上下どちらかに現れる三白眼があり、こちらも蛇の目=冷酷な相と評されることがあります。

三白眼は性格に難あり?人相学的に注意すべき8のこと
凶相と言われる三白眼の注意すべきことを知りたい方へ。三白眼は、一部の人相学の見解では凶相とされ、犯罪者の相とも評価されています。今回は三白眼が持つ偏見を、人相学の見地から紐解き特徴や注意点を記していきます!
但し、誤解しないで頂きたいのは、四白眼とは真逆の、黒目が大きい人は、あくまで穏やかなタイプであって、イコール情が深いと言う訳ではありません。

また、黒目が大きい人はその穏やかさを逆手に取って、嘘をつくのが得意と言う意外な一面もあります。その為、一概に四白眼で黒目が小さい=凶相とは言えないでしょう。

性格難ありの兆候

実は、性格難ありの兆候は、目尻の極端な上がり下がりや、目の輝きに反映されています。

  • 目尻が極端に上がった相は、頭はいいがヒステリックで、他人の意見を聞き入れない偏屈なタイプ。
  • 目尻が極端に下がっているのは、男好き・女好きの相であり、結婚しても離婚しやすく、異性トラブルで身を滅ぼす相とされています。
  • 目がキラキラと輝いているのは、目標や夢に向かって邁進している純粋さを現し吉相ですが、ギラギラ輝く目は邪な考えを持っている証なので、こんな人が近づいたら、ご注意下さい。
目尻(魚尾)の様子で恋愛傾向が分かるの6の人相占い
魚尾(目尻)の様子で恋愛傾向を診断したい方へ。ここで言う魚尾(ギョビ)とは、人相学における目尻横の箇所。その色ツヤやほくろ、シワ等から、現在の恋愛傾向を知ることが出来ます。この記事では、魚尾(目尻)から読み取れる恋愛傾向を、人相占いで紐解いて行きましょう!

③四白眼は災難に遭いやすい!?

人相学の文献においても、よく取り上げられるのが四白眼は災難に遭いやすいということ。もちろんこれは、四白眼が呪われた目、だからと言う訳ではありません。 その理由は、頭が良すぎるからです。

四白眼は聡明の証だが…

四白眼は元来、聡明の証であり、頭の回転が早く、物事の理解力も高い相。ですがいかんせん、あれもこれも欲張ってやりたがる傾向にあるので、落着きがありません。 その結果、思わぬ所で足元をすくわれたり、予期せぬハプニングに出くわしたりと、とかく自らの手で災難を生み出している所があります。

より災難を招きやすくなる人相

併せて、額にキズがあったり、髪の生え際がギザギザになっている(乱額) 等すると、反抗的な気持ちが強まり、より災難を招きやすくなるでしょう。坐禅やヨガ、呼吸法等で心を落ち着かせると、災難も回避されていきます。

人相学で診断!額の形で仕事運が分かる8の人相占い
額の形で仕事運を診断したい方へ。額は目上の人との人間関係を現す所。額の形から仕事運、適職等も判断が可能となります。 この記事では、額の形から分かる仕事運を、人相学で診断いたします。

④四白眼は一匹狼タイプ!?

②で取り上げた四白眼の特徴、黒目の小ささについて、もう少し解析してみましょう。

人相学において、黒目の小ささは、気性の荒さの象徴。人を簡単に寄せ付けない警戒心の強さがあるので、一匹狼的傾向が高まるでしょう。

より警戒心が強くなる人相

併せて眉間に縦に揃えた指が、2本収まらない程に狭い、唇が歪んでいる様に見えるのは、より警戒心の高さが反映されます。

四白眼の持ち主は、知人や恋人でさえも、信頼関係を築くことに時間がかかる傾向にありますが、 目と眉が離れている、眉間が広いと言った特徴があると、警戒心も和らぎ、 一匹狼的な要素は、成りを潜めるでしょう。

眉間(印堂)の様子で性格や運勢が分かる7の人相占い
眉間の様子で性格や運勢を診断したい方へ。眉間は人相学では印堂(インドウ)とも呼ばれる箇所。眉間は、人相鑑定する上で、特に重要視される所。この記事では、眉間(印堂)の状況から分かる性格や運勢を人相占いで診断していきます。

⑤四白眼はモテる相!?

四白眼は、黒目が小さいこともあって、見方によっては怖さを与える相。ですが、これはある意味目力がある証でもあるので、視線の向きや動きによって、恐怖感とは異なる、強い印象を残すことも出来るでしょう。

特に女性の四白眼の持ち主は、セクシーさ、エキゾチックさを高めます。目元だけでも、外国人風なイメージを与えるので、モテる人も 多いでしょう。

但し、③でも述べた通り、四白眼の持ち主は元来、神経過敏で防御反応がとても素早い為、この辺りがコミュニケーションの障害になる場合も。

必要以上に人と距離を置かず、表情豊かに日常を節すれば、運勢も変わっていくでしょう。

最後に

占い師 桂けい
占い師 桂けい

珍しい相である為、何かと悪いイメージがつきまとう四白眼。もしあなたが四白眼の持ち主だとしたら、普通とは異なる目だと悩まず、むしろ個性として受け入れて下さい。幸福に生きる為に大切なのは、四白眼そのものではなく、目の輝き、心の余裕、落ち着きなのですから。

四白眼の特徴は…

  1. 情が薄くドライでクール
  2. 聡明なせいで災難を招きやすい
  3. 気性が荒く警戒心が強いので一匹狼
  4. 女性だとセクシーさが増しモテることも
占い師 桂けい
占い師 桂けい

以上、占い師の桂けいが、四白眼の特徴を解説致しました。

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。

⇒新しい自分になりたい方は電話占いヴェルニをお試しください⇐

人相学
この記事のライター
桂けい(カツラケイ)

以前は、某病院施設にて心の病を抱えた人や、お年寄り相手の相談員を10年務める。2009年から愛知県を中心に、桂けいの名前で占い師としても活躍中。手を読み(西洋手相術)、顔を読み(東洋式観相法)、数秘を読む(カバラ数秘術)の3読法を得意としていますが、姓名判断、タロット、夢診断にも精通。

記事を書く際は、暗い内容にはならない様、心掛けています。マイナスの中にも希望や、明日生きる上で活用出来る情報を入れ込む様にしています。占いは、依存するものでは無く、光を探す上でのツールですから。

桂けい(カツラケイ)をフォローする
Fortune Media