【手相占い】吉凶を現す手相「三角紋」(トライアングル)の見方と意味

金星丘の三角紋(トライアングル)手相手相の三角文について知りたい方へ。

三角紋(トライアングル)は、独立した小さな3本の支線が交わって、三角に見える手相です。出現した場所によって、吉相になったり凶相になったり意味が変わる手相です。

占い師 桂けい
占い師 桂けい

この記事では、占い師の桂けいが、吉凶を現す手相「三角紋」(トライアングル)の見方と場所場所による意味を解説いたします!

三角紋とは(トライアングル)

三角紋とは、独立した小さな3本の支線が交わって、三角に見える手相のことです。独立していない他の線と三角形を作っている線は三角紋とは異なります。

三角紋は、一般的には順調な発展と言った吉を現すサインとされています。しかし、出現する場所によっては吉凶の意味が変わってきたり、他の線上に重なる様に出ているのは、障害や挫折と言った凶の暗示が強くなるなど、意味を読むのが難しい手相です。

占い師 桂けい
占い師 桂けい

それでは、三角紋が出る場所による意味を以下で解説していきます。

木星丘に出る三角紋→指導力UPのサイン

木星丘の三角紋(トライアングル)手相木星丘とは、人差し指下のふくらみの部分。木星丘の盛り上がりが豊かである程、野心、自信、プライド、向上心と言った意欲が高まってきます。

木星丘に三角紋(トライアングル)が現れている場合、リーダーとして素質が高まり、人を教え導く行動力や統率力が高まっているでしょう。また、仕事をテキパキとこなす、処理能力も強くなっています。

さらに以下の特徴があると…

併せて、人差し指の下から伸びて手のひらを横切り、小指下方面へ向かう線(知能線)が、小指下から始まり、人差し指下への向かって伸びる線(感情線)よりくっきりハッキリと出ている場合、より決断力・判断力が高まっている状態でしょう。

【手相占い】性格や才能を現す手相「知能線(頭脳線)」の見方と意味
知能線の見方と意味が知りたい方へ。知能線とは、人差し指と親指の間から始まり、小指下のふくらみに向かって伸びる線。知能線で判断出来るのは、考え方や性格、行動パターンなどです。本記事では占い師の桂けいが、性格や才能を現す手相「知能線」の見方と意味を解説いたします。
【手相占い】感情線の見方と意味を解説!二重・二股・二本・長い・短い
感情線の見方が知りたい方へ。感情線は小指側の側面から始まり、ゆるやかに横に伸びる線のことです。その人の感情や愛情の傾向、心の状態を表します。感情線は長かったり短かったり、曲線ではなく真っ直ぐだったりと人それぞれ。この記事では、占いライターのすずりんが個性の出やすい感情線の見方をご紹介いたします。

土星丘に出る三角紋→学び・研究力UPのサイン

土星丘の三角紋(トライアングル)手相土星丘とは、中指下付け根のふくらみの部分。土星丘のふくらみが目立つ程、責任感や真面目さ、孤独感と言った面が強調されて来ます。

土星丘に三角紋(トライアングル)が出ていると、研究熱心さや学びの意欲が高まっている証。普段以上に集中力が高まり、孤独が苦にならない状態と言えるでしょう。

さらに以下の特徴があると…

併せて、

  • 指の関節が目立つ
  • 感情線下に短い横の線が出ている

と言った特徴があると、より研究熱心さや粘り強さが高まっていきます。

但し、夢中になりすぎて人との付き合いが疎遠になっり、マニアックな分野にハマりやすい状態でもあるので、のめり込み過ぎにはご注意を。

太陽丘に出る三角紋→成功運UPのサイン

太陽丘の三角紋(トライアングル)手相太陽丘とは薬指下の付け根のふくらみの部分。手相学では太陽丘は、才能や幸運、名声や魅力などを現す箇所とされています。

太陽丘に三角紋(トライアングル)が出ているのは、持ち主の芸術性や創造力が高まっている証

芸術分野のお仕事をしている人なら、更なる発展や活躍が期待出来るサインであり、直接芸術分野に関わっていなくても、アイディアや閃きが豊かになっている時期なので、それが仕事に活かされやすくなるでしょう。

さらに以下の特徴があると…

太陽線 手相併せて、太陽丘へ向かって伸びる縦の線(太陽線)がハッキリ出ていると、より才能発揮の時期が近づいていると言えます。

【手相占い】カリスマ性がある珍しい手相「太陽線」の見方と意味
太陽線のことが知りたい方へ。薬指に向かって伸びる太陽線は金運や幸運、カリスマ性を表しています。大きな成功を収めたり、芸能界で活躍する人によく見られる手相です。この記事では占い師の桂けいが、カリスマ性を秘めている手相の「太陽線」の見方と、出方による意味を解説します!
但し、三角紋と太陽線が重なってしまうのは凶暗示の証。自己表現や才能の提示に対して、自信を失いがちになる傾向があるでしょう。

併せて、

  • 知能線が感情線より薄くなっている
  • 知能線に穴のような部分(島)が見えてる

以上のような場合は、神経疲労やストレス過多の面を意味しているので、積極的な休養が必要と言えます。

水星丘に出る三角紋→金運UPのサイン

水星丘の三角紋(トライアングル)手相水星丘とは、小指下の付け根部分。手相学における水星丘は、知恵や機転、ビジネスセンスや商才などを意味しています。

水星丘に三角紋(トライアングル)が現れている場合、商売繁盛やビジネスセンスが高まっている証

この相の持ち主は、コミュニケーション能力が高めで、周りの人との付き合いでも、信頼感を与えやすいタイプ。三角紋が出ている状態ならば、投資なども含めて、利益が上がりやすい状況と言えます。

さらに以下の特徴があると…

併せて、太陽線や水星丘へ向かって伸びる線(水星線)が出ていると、よりお金を上手く扱う力、ビジネスセンスが高まっていると言えるでしょう。

但し、三角紋と水星線とが重なってしまうのは、金銭管理やお金儲けがヘタな証です。怪しげな儲け話や眉唾モノの上手い話の誘いには乗らない様、くれぐれもご注意下さい。

金星丘に出る三角紋→愛情運UPのサイン

金星丘の三角紋(トライアングル)手相金星丘とは、親指の付け根部分の盛り上がった箇所。金星丘の盛り上がりが豊かである程、愛情や温かさ、情熱やスタミナ、バイタリティーなどの意味合いが、強調されて来ます。

この金星丘に三角紋が出ているのは、愛情を育み、幸せを掴む証。最終的には、大きな幸せを得られますが、その前に愛情を試すかの如く、試練が起きるサインでもあります。

さらに以下の特徴があると…

併せて、生命線、知能線を横切る長い線(障害線)があると、失恋や離婚、自信喪失などの悩みに直面しやすい傾向にあるでしょう。

【手相占い】生命線の見方と意味を解説!二重・二股・二本・長い・短い
生命線の見方が知りたい方へ。生命線は、親指と人差し指の間から親指のふくらみに沿って手首に向かう線です。生命線と聞くと寿命に関係していると思う人も多いようです。はたして、本当に生命線が寿命を表しているのでしょうか?この記事では、占いライターのすずりんが生命線の見方をご紹介いたします。
試練は直面すると、厳しく感じるかも知れませんが、自分に自信を持ち、ポジティブに構えていけば、必ず乗り越えられるものです。それを克服した際、一回り大きくなった自分自身や、そして尊い愛情を実感出来るでしょう。

火星丘にある三角紋→冷静さUPの証

第一火星丘・第二火星丘の三角紋(トライアングル)手相火星丘とは、木星丘と金星丘の間の部分。また水星丘と、後述する月丘の間の部分を現します(木星丘と金星丘の間を第一火星丘、水星丘と月丘の間を第二火星丘と言います)。火星丘は、勇気や正義感、冒険心などを現す箇所。

火星丘の位置に、三角紋が出ていた場合、感情を抑制する冷静さや、忍耐力が強まっていることを現しています。大概の問題や課題は、クリア出来る状況でしょう。

さらに以下の特徴があると…

併せて

  • 知能線と感情線が並行する様に伸びている
  • 感情線が並行して2本伸びている(二重感情線)

と言った特徴が出ていると、より理性的で、感情に流されず目標を達成する力が高まって来ます。

月丘にある三角紋→アイディア力UPの証

月丘の三角紋(トライアングル)手相月丘とは、小指側の手首上に位置する部分。手相学においては想像力や感受性、神秘性や共感き力などを現す箇所ともされています。

月丘に三角紋が現れている場合、想像力がより高まり、クリエイティブな面で成功が期待出来る状況でしょう。創作活動に、集中して欲しい暗示と言えます。
但し、自己満足の空想に終わらない様、注意が必要です。やり過ぎかと思える位の行動と自己主張が、より開運・成功へと繋がるでしょう。

最後に

三角紋は、持ち主の現状や近未来の吉凶を現すサインです。

  • 凶暗示があれば大きな言動は控え、慎重さを第一にすれば、難は逃れられるでしょう。
  • 逆に、吉効果が働く位置に現れた場合は、有無を言わさず行動に移す必要性を、教えてくれています。

この記事が、あなたに幸運をもたらす参照になれば幸いです。

三角紋(トライアングル)の位置別の意味

  1. 木星丘に出る三角紋→指導力UPのサイン
  2. 土星丘に出る三角紋→学び・研究力UPのサイン
  3. 太陽丘に出る三角紋→成功運UPのサイン
  4. 水星丘に出る三角紋→金運UPのサイン
  5. 金星丘に出る三角紋→愛情運UPのサイン
  6. 火星丘にある三角紋→冷静さUPの証
  7. 月丘にある三角紋→アイディア力UPの証
占い師 桂けい
占い師 桂けい

以上、占い師の桂けいが、お伝えしました。最後までご覧いただき、有難うございます。

手相占い
この記事のライター
桂けい(カツラケイ)

以前は、某病院施設にて心の病を抱えた人や、お年寄り相手の相談員を10年務める。2009年から愛知県を中心に、桂けいの名前で占い師としても活躍中。手を読み(西洋手相術)、顔を読み(東洋式観相法)、数秘を読む(カバラ数秘術)の3読法を得意としていますが、姓名判断、タロット、夢診断にも精通。

記事を書く際は、暗い内容にはならない様、心掛けています。マイナスの中にも希望や、明日生きる上で活用出来る情報を入れ込む様にしています。占いは、依存するものでは無く、光を探す上でのツールですから。

桂けい(カツラケイ)をフォローする
Fortune Media