鼻の形や状態で、かかっている病気が分かる7の人相占い

鼻鼻の形や状態から病気かどうか診断したい方へ。

あなたは、花粉症でしょうか?近年では、4人に1人が程度の差はあれど、花粉症とも言われています。

花粉症を始めとするアレルギー性鼻炎は、鼻が異物に対して、過剰に反応する状態を現していますが、鼻が現しているのは、それだけではありません。鼻の状態、形などから、身体全体の様子、秘められた病気の影なども診ることが可能です。

この記事では、7つの項目に分けて、それらを書き記していきましょう!

鼻の形で分かる病気①鼻が大きいのは…呼吸器が発達している人!

人相学において、鼻は自分自身を象徴する箇所。他のパーツと比べても鼻が目立って大きい人は、それだけ自分への押し出し、自己主張が強いタイプと言えます。鼻息が荒いという言葉がありますが、鼻が大きい人は、呼吸器が発達している人肺が強いので、むせこむことも少なく、いわゆる誤嚥性肺炎等には、かかりにくいでしょう。 

但し、鼻の色が黒っぽく見えたならば、抵抗力が落ちているサインとなるので、ご注意を。

鼻の形で分かる病気②鼻が小さいのは…肺が弱い人!

状態①とは対照的に、鼻が小さく目立たない人は、呼吸器が余り発達していない傾向が

肺がウィークポイントであり、気管支炎や肺炎にかかりやすいタイプと言えるでしょう。鼻が小さいと、呼吸器の循環能力が低く、埃やゴミやたまりやすい為、それが病の元になりやすい傾向が。

さらに以下の人相学的特徴もあると…

併せて鼻のつけ根にほくろがあると、環境の変化に弱く、更に健康運が低下します。

自分に合った呼吸法を身につけ、習慣化すると、免疫力も高まるでしょう。

鼻の形で分かる病気③鼻の頭が赤い人は…淤血・肝機能障害の疑い有り! 

淤血(おけつ)とは、体内の血の流れが滞っていて、よどんだ状態。東洋医学において、鼻の頭が赤くなっているのは、鼻の毛細血管に、血の滞りがある為と判断されます。

鼻の赤みは「酒さ」と言う、炎症を伴う皮膚の慢性疾患の可能性も。が、鼻だけが目立って赤い、お酒をよく飲むと言った特徴があれば、肝機能障害の血行不良が考えられます。

さらに以下の人相学的特徴もあると…

併せて、白目が黄色っぽくなっている、鼻の上部に1、2本縦線が入っていると、肝臓の疲れを現していますので、お酒の飲み過ぎはくれぐれもご注意を。

鼻の形で分かる病気④鼻が小刻みに動く人は…肺炎・ぜんそく・心臓病の疑い有り!

ご承知の通り、空気は鼻から取入れて喉、気道を経由し、肺に送られます。呼吸器系の先端を担う鼻の異変は、すなわち肺の病のサインと言えるでしょう。

鼻が小刻みに動く様になるのは、呼吸困難の状態の現れ。この乱れが要因となり、肺炎やぜんそく、そして心臓病等の可能性が高まります。

さらに以下の人相学的特徴もあると…

併せて、縦に揃えた指2本が、収まらない程眉間が狭い、眉間に傷やほくろがあると言った特徴があると、喉が弱く、より上記の病を引き起こしやすくなるでしょう。

鼻の形で分かる病気⑤色の濃い鼻水が出るのは…鼻炎の疑い有り!

風邪を引いて、鼻水や痰の色が濃くなったことがなかったでしょうか? これは、喉や鼻からウイルスや細菌が入り、その影響で粘膜が赤く腫れた為。

水分を減少させるウイルスに対抗する為、体内の白血球がウイルスと戦い、その残骸が鼻水となって体外に流されます。炎症の熱が高まる程、鼻水や痰の色が濃くなるでしょう。

炎症の原因は、食べ過ぎや運動不足が関連していることが多いので、生活習慣の見直しも大切と言えます。

鼻の形で分かる病気⑥色の薄い鼻水が出るのは…アレルギー性鼻炎・水毒の疑い有り!

状態⑤と異なり、薄い鼻水が出た場合。東洋医学において、アレルギー性疾患で出てくる涙やくしゃみ、鼻水、痰等は、余分な水分を外に放出する為の自然反応と解釈されます。

薄い鼻水が続いて出る人は、それだけ水分を身体に溜め過ぎの傾向が。

さらに以下の人相学的特徴もあると…

併せて、舌がむくんだりふくらんでいる感じがする、唾液がよく出る等の特徴があると、より水毒の可能性が強まります。

水分摂取は、生きる上で必要不可欠。ですが、過剰な水分の取り過ぎは体のむくみや冷え、しいては高血圧や腎臓病に結び付いて来ますので、水分の摂り過ぎにはご注意を。

鼻の形で分かる病気⑦鼻血が出るのは…白血病の疑い有り!

鼻粘膜の弱い人は、鼻をいじったりかみ過ぎたりする等、外からの刺激で鼻血は起こりやすいでしょう。だからと言って、鼻血を軽視するのは危険です。 

実は鼻血は、白血病のサインの傾向。もしも白血病ならば、鼻血の他にも発熱や体の倦怠感、手足のむくみや歯茎からの出血等の症状が起こりやすくなるでしょう。

鼻血は、肝臓で産出されるタンパク質不足の場合も、出やすくなります。 その際は、肝硬変や肝臓がんの疑いも出てきますので、気になる方は病院受診を! 

 

最後に

病に関する警告サインは、既に鼻に現れているかも知れません。この記事が、病の早期発見に繋がる参照になれば、幸いです。

鼻の形や状態で、かかっている病気が分かる7の人相占い

  • ①鼻が大きいのは呼吸器が発達している人
  • ②鼻が小さいのは肺が弱い人
  • ③鼻の頭が赤い人は淤血・肝機能障害の疑い有り
  • ④鼻が小刻みに動く人は肺炎・ぜんそく・心臓病の疑い有り
  • ⑤色の濃い鼻水が出るのは鼻炎の疑い有り
  • ⑥色の薄い鼻水が出るのはアレルギー性鼻炎・水毒の疑い有り
  • ⑦鼻血が出るのは白血病の疑い有り

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。

⇒新しい自分になりたい方は電話占いヴェルニをお試しください⇐

人相学
この記事のライター
桂けい(カツラケイ)

以前は、某病院施設にて心の病を抱えた人や、お年寄り相手の相談員を10年務める。2009年から愛知県を中心に、桂けいの名前で占い師としても活躍中。手を読み(西洋手相術)、顔を読み(東洋式観相法)、数秘を読む(カバラ数秘術)の3読法を得意としていますが、姓名判断、タロット、夢診断にも精通。

記事を書く際は、暗い内容にはならない様、心掛けています。マイナスの中にも希望や、明日生きる上で活用出来る情報を入れ込む様にしています。占いは、依存するものでは無く、光を探す上でのツールですから。

桂けい(カツラケイ)をフォローする
Fortune Media